『初めて恋をした日に読む話』を改めて見たらやっぱりハマった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

残り少ない無職期間を楽しんでいる私。そんな時、Tverで過去のドラマ特集を発見した。放送されている時ははまっていてたのに、すっかり忘れていたドラマがあったり、反対に大好きで何度も見たドラマもあった。

そんな中、放送当時とてもはまってリアルタイムで視聴、録画で視聴。Tverで複数回視聴していた『初めて恋をした日に読む話』を見つけた。

Tverなので1話と4話から7話までしか配信されていなかったが、複数回見ているので全く問題はない。話は覚えているし、好きなシーンもしっかり覚えている。

覚えているけど見たくなって4話から7話まで全部見た!
やっぱり「はじこい」は胸キュンの名作!!

やっぱりユリユリはかっこいい

いや、やっぱりかっこい!!こんなにピンク頭似合う人いる!?いや、いるとは思うけど。しかも学ランもめっちゃ似合っている。

勉強合宿でユリユリが先生を女性扱いし始めるあたりから胸キュンが止まらない!!年下のくせにあの余裕!!かっこいい!!当時職場の女性陣で「ユリユリが本気出してきた!!」と大盛りあがりした楽しい記憶が蘇る。

ユリユリは本当に胸キュン製造機だと思う。しかも一途で芯が強いってところも男らしくて大好きだ。何があってもブレない強さって素敵。

中村倫也さん演じる山下先生に向かって「引っ込んでろ!俺んだよ!」っていうところ胸キュン。子供っぽくはあるけど胸キュン。

そもそもユリユリは順子が自分に好意があるって気づいてると思う。でも本人の前ではそれを出さず自分の好意だけを見せるところが素敵。でも山下先生という恋敵の前ではそれを出す!!かっこいい!!あくまでも私の考察だけど。

子どもだけど振る舞いが時々大人。やっぱりギャップって素晴らしい!大人が大人の振る舞いするよりも子どもが大人の振る舞いする方が心に響く!逆も然り。

ユリユリの切ない表情も好き。好きアピールしても年齢の問題で決定的なこと言われたりしてとても切ない。特にかわいそうだったのが「犯罪だから」っていう順子の言葉。いやそうだけど!!そうなんだけど、とても切ない。その表情がすごく上手な横浜流星さんはすごい!

他の男子も素敵すぎる

まずは山下君。大人の魅力。ずっと大人の魅力だったのに、急にガツガツアピールしてくるところもいい!!これもギャップ。ユリユリと逆のギャップ!

中村倫也さんは個人的には動物好きの可愛らしいイメージを持ってたけど、このドラマの大人っぽさにびっくりした!!そもそも声が大人っぽいことに今さら気づいた。

最後の最後が優しく身を引くのも素敵だったな。


そして順子の従兄弟、雅志!!私は雅志が1番好き!選ぶなら雅志!!
あれだけユリユリについて語ったけど、私は雅志を推したい!!

こんな一途に思ってくれるなんて!しかもいい奴!!イケメンで勉強もできてエリートで収入もあるのに全然嫌味っぽくない!!むしろおバカ感が丸出し。

なんて可愛いんだろう!!可愛い男子に弱い私。ずっとから回ってる雅志を好きにならずにいられない。たまに頑張って順子にアピールするのに全然伝わらないかわいそうな感じ。子犬感がすごい。

モテてる時の雅志の言動はモテるだろうなっていう感じでそこまで惹かれないけど、から回ってる雅志が大好き!!

なんか永山絢斗さんってこういうキャラ多いような気がする。最近終わった『俺の家の話』もこんな感じだった。

back numberの曲がときめく


いつもいいところで入ってくるback numberの「HAPPY BIRTHDAY」
なんて良い曲なんだろう。もはや歌詞がユリユリそのもの!!

誕生日の歌じゃないのだ。「片思いの俺」が生まれた歌なのだ。つまりはユリユリなのだ。

普段曲を聞く時はメロディから入りがちな私が、歌詞に心が動かされた。

1番響いたのはサビのこのフレーズ。

くだらない話は思い付くのに君を抱き締めていい理由だけが見つからない


分かる!!名フレーズ!!片思いの経験がある人は絶対に分かるこの歌詞を生み出せるback numberがすごい。

難しい単語は何ひとつ使ってないのに、チープにならず胸に染み入るのがすごい。

さらにこのフレーズ。

いつになっても縮まらないこの距離を
駆け引きにも綱引きにもならないやり取りを

まさにユリユリ!アピールが伝わらない切なさ。駆け引きにもなってない。片思いだなあ。切ないけどいいなあ。

つまらない言葉の繰り返しで つじつまもきっと合ってない物語りの続きに


分かる!つじつまなんて合わないよ。他のこと考えてるもん。ユリユリは抱きしめたいって考えてるもん。

そしてそしてこのフレーズ!

何かの手違いで好きになってくれないかな

いや、片想いの誰もが思う!!なんか手違いっていう表現が秀逸だなと思う。ちょっとのことなんだよ!でも手違いなんだよ!



こんな切ないフレーズが素敵なメロディにのってめっちゃいい場面で流れてくるんだからたまらない。

心に響く名言が多い

今回は4話から7話までしか見てないからそこの名言になるけど、それでもたくさん名言があった。

恋の名言は心に響くというよりは胸キュンだけど、心に染み渡る人生の名言がこのドラマにはある。


「頑張って頑張って、頑張った結果やることが、人を見下すことだなんてダサすぎるでしょ」
勉強ばっかりしてた秀才たちがユリユリたちを見下して色々仕掛けた時に順子先生が言ったセリフ。本当にそう。努力の方向は人それぞれ。せっかく勉強できるのにもったいない。


「幸せが何かなんて、幸せな時は考えない」
山下君が離婚後に発したセリフ。確かに幸せな時に幸せは感じてもそれが何かなんてあまり考えない。大人のセリフだなあ。しかも幸せじゃないから言えたセリフでもあるので切ない。


全話見返せばもっとあると思うけど、とりあえず今思い出せた2つはこれ。


全編見るにはParaviしかないのか……Netflixしか入ってないからな。とりあえずTverに8話以降が配信されるのを待とう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。