Adobe Bracketsの拡張機能をインストールしてみた!

Webデザインに挑戦

先日、愛用MacBookにダウンロードしたAdobe Bracketsですが、試しに使ってみたけどどうも使いにくい。



もともと職業訓練学校ではCresent Eveを使っていたので、慣れてないからかな?と思っていました。


そうして授業でBracketsも使うことになり、使う前に拡張機能を追加した方が使いやすいとのこと。

拡張機能!!
なんか便利そう!!


そこで、自宅のBracketsにも拡張機能をダウンロードしました!

Adobe Bracketsにインストールした拡張機能

この拡張機能をインストールしました!
全部で10個です!

  • Extensions Rating
    →拡張機能の管理画面が使いやすくなる。
  • Custom Work
    →ファイルがタブ表示になる。
  • Show Whitespace(全角空白・スペース・タブ表示)
    →スペースや制御文字の表示ができる。
  • Emmet
    →HTMLやCSSが省略して書ける。
  • Quick Insert
    →タグファイルパスなどを簡単に挿入できる。
  • Autosave Files on Window Blur
    →自動保存してくれる。
  • Overscroll
    →下の方までスクロールできる。
  • Select Lines
    行番号をクリックすると行を全選択できる。
  • Interactive Linter
    →保存する時にエラーチェックをしてくれる。
  • colorHints
    →カラーコード上で色をハイライト表示する


この10個の拡張機能は訓練学校でおすすめされたものです!


他にも色々と便利な拡張機能もあるみたいですが、まだまだWebデザインを勉強中の私はこの10個にしています!

Adobe Bracketsに拡張機能をインストールした流れ

  1. Adobe Bracketsを開き「拡張機能マネージャー」をクリックする
    (長方形の上に突起2つのマークが矢印のどちらかの位置にあります。)
  2. 拡張機能マネージャー」ウィンドウが開くので、「入手可能」タブを開く
  3. 検索窓でダウンロードしたい拡張機能を検索し、該当の拡張機能の「インストール」をクリックする
  4. 自動でインストールが始まり、「インストールが完了しました」が表示されたら「閉じる」をクリックする
  5. インストール完了したものは「インストール済み」のタブに表示される

Adobe Bracketsへの拡張機能インストール方法



1.Adobe Bracketsを開き「拡張機能マネージャー」をクリックする
  (長方形の上に突起2つのマークが矢印のどちらかの位置にあります。)



拡張機能マネージャーのアイコン



2.「拡張機能マネージャー」ウィンドウが開くので、「入手可能」タブを開く



3.検索窓でダウンロードしたい拡張機能を検索し、該当の拡張機能の「インストール」をクリックする



4.自動でインストールが始まり、「インストールが完了しました」が表示されたら「閉じる」をクリックする



5.インストール完了したものは「インストール済み」のタブに表示される


これでずいぶん使いやすくなりました!



タイトルとURLをコピーしました