Adobe BracketsをMacBookにダウンロードしてみた!

Webデザインに挑戦

以前にWindows10にCresent Eveをダウンロードしました。

ちょっと練習で使いましたが、訓練学校で使用しているので慣れていて使いやすかったです。


ただ、やっぱりWindowsが重い!

一応軽くする方法をYouTubeで探して自分ができる範囲でやってみたんですが、やっぱり重い。

そもそものスペックが低いので仕方ないのかも知れません。
スペックが低いからMacBook買ったわけですしね。

そこで、macでも使えるAdobeBracketsをダウンロードしてみました!


使ったことはないけど、これから訓練学校でCSSを習う時に使うみたいなので使い方が分からなくても聞けます!

Adobe Bracketsのダウンロードページ

あのAdobeさんから提供されているのに、フリーでダウンロードできます!

勝手にAdobeはお高いイメージを持っていましたが、フリーのものもあるんですね。

下にリンクを貼っておきます!

A modern, open source code editor that understands web design
Brackets is a lightweight, yet powerful, modern text editor. We blend visual tools into the editor so you get the right amount of help when you want it. With ne...

Adobe Bracketsダウンロードの流れ

  1. Bracketsサイトの「Brackets1.14.2をダウンロード」をクリック
    (バージョンはダウンロード時によって変わります)
  2. 保存先を指定して保存
  3. ダウンロードが終了したらファイルを開く
  4. Bracketsのアイコンをアプリフォルダにドラッグする
  5. 動作終了を待つ
  6. 完了するとBracketsのアイコンができる
    (私はデスクトップにショートカットを作りました)
  7. アプリを開くと警告メッセージが出る場合があるので、今後は警告しないようにチェックを入れてから開く
  8. アプリが開くとBracketsの解説が書いてあるサンプルファイルが開く

Adobe Bracketsダウンロードの具体的な方法



1.Bracketsサイトの「Brackets1.14.2をダウンロード」をクリック
  (バージョンはダウンロード時によって変わります)



2.保存先を指定して保存



3.ダウンロードが終了したらファイルを開く



4.Bracketsのアイコンをアプリフォルダにドラッグする


5.動作終了を待つ


6.完了するとBracketsのアイコンができる
  (私はデスクトップにショートカットを作りました)


7.アプリを開くと警告メッセージが出る場合があるので、今後は警告しないようにチェックを入れてから開く


8.アプリが開くとBracketsの解説が書いてあるサンプルファイルが開く


ちょっとmacでのダウンロードに慣れていなかったので、アプリフォルダへの移動で戸惑いましたが、無事ダウンロードできました!



タイトルとURLをコピーしました