HTML&CSS辞典にブックカバーフィルムをつけた!

突然ですが、本の表紙カバーって邪魔じゃないですか?

1回しか読まない本、たまにしか見ない本はそのままでも気になりません。

でも単語帳やよく見る本の場合、邪魔になりますよね?

で、表紙カバー取るとボロボロになります。

こんな感じでかなりボロボロになります。
マステで補強してます。



そして訓練学校で使っているHTNL&CSSの辞典なんですが、これもよく使う。
そして表紙が邪魔になりました。

で、表紙カバーを取って使っています。

使い始めて1週間くらい、すでに角が傷んできています。


そこで!
図書館でよく見るブックカバーフィルムを貼ることにしました!


使ったブックカバーフィルム


このカバーフィルムを使いました!

他にもカバーフィルムを貼りたいテキストがあったので、大きめの物を買いました!

ちなみにメルカリで350mm×2mmの大きなのがあったのでメルカリで買いました!

小さめでカット済みのカバーフィルムもあるようなので、用途に合わせて選べます。

ブックカバーフィルムの貼り方(写真付き)


では、私のカバーフィルム奮闘記をご覧下さい。
参考になれば幸いです。


ちなみにカバーフィルムはこんな感じのシートでロールになっています。
これを好きなサイズにカットして使います。


1.準備物を用意する。
  (私は結局カッターとカッターマットは使いませんでした)


2.表紙カバーの内側を少し斜めに切り取る。


3.本の上下と左右に2cmの余白が出るようにカバーフィルムを切る。


4.切り取ったカバーフィルムを本に巻いてみてサイズを再確認する。


5.カバーフィルムの角を少し剥がし本に貼る。
  (本を置く位置に注意!)


6.フィルムの紙を剥がしながら空気が入らないように少しずつ貼っていく。
  (この時定規を使うと貼りやすかったです)


7.6の要領で全面にカバーフィルムを貼る。
  (背表紙部分はフィルムがたるみがちなので注意が必要です)


8.本体を一旦外す。


9.赤い点線部分を切り取り、斜線部分は表紙カバーに貼り付ける。


10.本の中身を再セットして、余白部分を中に折り込んで貼り付ける。


11.気泡が入ったらカッターの先で少し穴を開けて空気を出す。


12.これで完成!!

ブックカバーフィルムの貼り方を参考にしたサイト

このフィルムコートの貼り方は下の「埼玉福祉会」さんのサイトを参考にしました!

社会福祉法人 埼玉福祉会 
ブックコートフィルムの貼り方


You Tubeで動画解説もされています。

ただ、動画見ながら作業するのは再生・停止するのに手が足りなくてはちょっと難しかったです。



最後に、私が訓練学校で使っているHTML&CSS辞典のご紹介。

めっちゃ書き込んでます!
これ1冊で分かるように授業の補足説明も余白に書きまくっています。

タイトルとURLをコピーしました