『なるほどデザイン』を読み終えたのでレビューしてみた

この『なるほどデザイン』という本ずっと気になってたんですよ。

個人的に地域でやってるイベントでチラシ作成を担当してるんですが、情報量が多すぎていつも見辛いなと思ってるんです。

みんなは優しいので褒めてくれますが、やっぱり自分では納得いかないまま期限が来るという感じだったんです。

そこで何か勉強できる本はないかな?と探していて巷で話題のこの本を見つけました。

中古で買おうとしたけどなかった


欲しいけど迷ってる物はメルカリでまず探すタイプです!


特に本は積ん読してた方とか1回読んだだけのキレイなものがあるので、重宝しています。

でも話題の本だから良い本だからか、出品数が少ない上にあっても軒並み売り切れでした。

数週間チェックしてたんですが、どうやらメルカリでは手に入らないと分かりました。

そこでBOOKOFF実店舗でも探してみました。
ま、ないですよね。

デザイン系の本ってもしかして専門書なのかな?

本屋さんで定価で買った

大きい本屋さんに行ったら、そこで少し中身を確認することができました。

前に行った本屋さんはビニールがしてあったので、中身が分からないまま買うのもなと思ってたんです。


定価2,000円(税別)なので、中身を見ずに買うのはちょっと。



中身を見たらとても分かりやすそうだったので買うことにしました!

『なるほどデザイン』を読んだ感想


すごく勉強になりました!!

フルカラーで見やすい

まずは全部がフルカラーで見やすい!ということです。

デザインの本だから当たり前なのかもしれませんが、無駄にカラフルなわけではなくモノクロとカラーの使い分けも見やすかったです。

ここが重要なんだなと分かるカラー配分だと感じました。

デザイン例が豊富

ひとつの説明にいくつかのデザイン例があるので、理解がしやすかったです。

1つだけだとよく分からなかったりしますが、視点を変えていくつかのデザイン例があるので、こういう時はこうすればいいのか!と理解しやすかったです。

説明が簡潔で具体的

文章量は多くないのに、不思議と説明が分かりやすいと感じました。

とても簡潔に書かれているのに難しい言い回しも専門用語も少ないからでしょうか?

さらに具体的な実例があるので、もし文章で理解できなくても感覚で分かります。

どのチャプターもポイントが明確でした!


まさに「なるほど」デザインでした!



メインブログにGoogleのお問い合わせフォームを設置してみた

ブログについて色々調べていたら、何やらブログにはお問い合わせフォームがあった方がいいとの記事をいくつか見ました。

アドセンスに申請する時も必須みたいな記事をたくさん見ました。

結果的にアドセンスはなくてもメインブログ、サブブログ両方とも審査は通りました。

真相は分かりませんが、なくても審査は通りましたよという実例は少なくとも2つはあるわけです。


話が逸れましたね。戻しましょう!

アドセンスのためでなく、合った方がいいのかな?と思って作ってみました。

理由は後述します!

ちなみに設置したのはメインブログの方です。
サブブログは徒然なる雑記なんでいらないかな?と。

プロフィール欄のリンクからご訪問いただければ嬉しいです!
ちなみに韓国語について書いています!


Googleのお問い合わせフォームを設置した理由

  • コメント欄をつけていないので、その代わりとしてあったらいいかな?と思った
  • 自分のブログでもお問い合わせをいただけるのだろうか?という単純な興味
  • ブログにお問い合わせ欄があったらかっこいいと思った
  • 前職でGoogleフォームを使ったことがあったのですぐ設置できると思った

Googleのお問い合わせフォームを設置の流れ

ちょっと長くなってしまいました。
15項目もあります!!

  1. Googleアカウントのホーム右上のGoogleアプリをクリックし、「その他のソリューション」をクリックする
  2. 開いたページを下の方にスクロールし「不フォーム」アプリをクリックする
  3. 「Googleフォームを使ってみる」をクリックする
  4. 最近使用したテンプレートから「空白」をクリックする
  5. タイトルとメッセージを入力する
  6. ラジオボタンをクリックし、メニューを表示する
  7. 開いたメニューから「記述式」を選択する
  8. 必要な項目名を作成し、記入必須の場合は「必須」をONにする
  9. 「+」ボタンで必要な項目を追加していく
  10. 必要があれば右上のパレットマークをクリックして、ヘッダー画像を入れたり色を変えたりフォントを変えたりする
  11. 目のマークでプレビューし、出来上がりをチェックする
  12. 編集画面に戻り、右上のツールボタンをクリックする
  13. 「プレゼンテーション」のタブを開き、お問い合わせ頂いた方への確認メッセージを入力し「保存」をクリックする
  14. 右上の「送信」ボタンをクリックする
  15. 送信方法の「<>」をクリックし、HTMLをコピーする

Googleのお問い合わせフォームを設置の具体的な方法


1.Googleアカウントのホーム右上のGoogleアプリをクリックし、「その他のソリューション」をクリックする



2.開いたページを下の方にスクロールし「不フォーム」アプリをクリックする



3.「Googleフォームを使ってみる」をクリックする



4.最近使用したテンプレートから「空白」をクリックする



5.タイトルとメッセージを入力する



6.ラジオボタンの横の「▼」をクリックし、メニューを表示する



7.開いたメニューから「記述式」を選択する



8.必要な項目名を作成し、記入必須の場合は「必須」をONにする



9.「+」ボタンで必要な項目を追加していく



10.必要があれば右上のパレットマークをクリックして、ヘッダー画像を入れたり色を変えたりフォントを変えたりする



11.目のマークでプレビューし、出来上がりをチェックする



12.編集画面に戻り、右上のツールボタンをクリックする



13.「プレゼンテーション」のタブを開き、お問い合わせ頂いた方への確認メッセージを入力し「保存」をクリックする



14.右上の「送信」ボタンをクリックする



15.送信方法の「<>」をクリックし、HTMLをコピーする

できあがったメインブログのお問い合わせページ


自分でテスト入力してみることをおすすめします!
私はメールのところの入力設定を間違えてました。


サブブログにも合ったほうがいいのかな?



Google AdSenseをまったり始めた私が思うこと

Google AdSenseの審査に通るためのハウツー記事ってネットでよく見ますよね。

そこでよく見るブログの条件ってあります。
確かにナルホドとは思いますが、ブログ素人にはめんど……(以下自粛)

その中でもブログの内容以外でよく見るのがこんな条件。

記事の内容については人それぞれだと思うので省きます。

  • プライバシーポリシーは必須
  • お問い合わせ欄は必須
  • 独自ドメイン必須
  • WordPressが良い
  • 記事は10記事以上
  • 他のアフィリエイトリンクがあるとダメ

などなど


独自ドメインとWordPressは私の2つのブログもそうです。

でもそれ以外は全く意識していませんでした。

そこで、私が申請した時のブログの状況をご紹介して、皆さんの心配を少しでも和らげることができればなと思いました。

こんな感じでも大丈夫だったよ、ということで。

私がGoogle AdSenseに通った時のブログの状況

メインブログの場合

  • WordPress利用
  • 韓国語の特化ブログ
  • 記事数は10記事くらい
  • お問い合わせ欄なし
  • プライアバシーポリシーもなし
  • Amazonと楽天とA8netのアフィリエイトリンクあり
  • SEOって何?レベル
  • ブログを立ち上げて約1ヶ月くらいで申請

サブブログの場合

  • WordPress利用
  • 雑記ブログ
  • 記事数は6記事くらい
  • お問い合わせ欄なし
  • プライバシーポリシーもなし
  • Amazonと楽天のアフィリエイトリンクあり
  • SEOは分からない
  • ブログを立ち上げて1週間くらいで申請

Google AdSenseについて思うこと


きっとGoogleさんから見れば条件はあるのでしょう!

でもあんまり気負わなくても良くないですか?


そう思いました。

だって私は巷で言われている条件を満たしていないから。
メインブログもサブブログも。

私はそもそもブログを書くのが好きでブログをやっています。
それで生計を立てるつもりはありません。

会社に通うの好きだからね。
今は無職だけどね……。
職業訓練と就職活動がんばります。



そこは本気の方とは違うので、そういう方たちからみたら甘いと思います。

じゃあどうしてアドセンスに申請したの!?ってなりますよね。
分かります。


単純に興味があったからです!


ブログでできる色々なことをやってみたいというか。
好奇心がわりと旺盛なタイプなのです。


もちろんブログ収益で生計を立てようとしている方はもっと本気でやらないとダメだと思います。
その場合は「仕事」ですからね!


でも私はブログが趣味なのです。
それくらいのテンションだとブログを楽しく書けます!

それでお小遣いが稼げればラッキー!

結論、それくらいのまったりした感じでいいんじゃないかな?と思いました。



今後、本気で収益を上げようと思った時に色々対策したいと思います!



Google AdSense「ads.txt ファイルの問題」を何とか解決した

先日、このブログのGoogle AdSense審査が通りました。

そこでAdSenseのページをワクワク開いてみると、こんな警告メッセージが出ていました。

「要注意・収益に重大な影響が出ないよう、ds.txt ファイルの問題を修正して下さい」


何それ!?絶対に修正しないといけないの!?


メッセージの色も赤いし、修正を要求されてるからしないといけないんでしょうね。

メインブログも同じ条件だからきっと出てたはずなのに、覚えていない。

そこでまだ調べて解決してみました!
ブログって調べること多いですよね。

ブログ素人は1つの問題を解決するのに時間がかかりますが、これも勉強と思って頑張っています!

私はXサーバーさんで契約しているので、このやり方はXサーバーをご利用の場合の方法になっています。

「ads.txt ファイルの問題」を解決した流れ

※これはXサーバーでのやり方です。

  1. Google AdSenseの警告メッセージ中「今すぐ修正」をクリックする
  2. ads.txtファイルをダウンロードする
  3. ダウンロードしたads.txtを開き4つの項目を確認しておく
  4. Xサーバーのサーバー管理画面を開く
  5. サーバー管理画面の「ドメイン設定」を開く
  6. ドメイン設定の「ads.txt設定」を開く
  7. 設定したいドメインを選択する
  8. ads.txt設定追加タブを開き、ads.txtファイルの項目を入力し、「確認画面へ進む」をクリックする
  9. 確認画面で内容を確認をし、「追加する」をクリックする


Google AdSenseヘルプの解説はこちら↓
ads.txt に関するガイド

「ads.txt ファイルの問題」の具体的な作業


1.Google AdSenseの警告メーッセージ中「今すぐ修正」をクリックする

2.ads.txtファイルをダウンロードする



3.ダウンロードしたads.txtを開き4つの項目を確認しておく

① google.com
② pub-○○○○○○○○○○○○○○○○
③ DIRECT
④ f08c47fec0942fa0



4.Xサーバーのサーバー管理画面を開く



5.サーバー管理画面の「ドメイン設定」を開く



6.ドメイン設定の「ads.txt設定」を開く



7.設定したいドメインを選択する



8.ads.txt設定追加タブを開き、ads.txtファイルの項目を入力し、「確認画面へ進む」をクリックする



9.確認画面で内容を確認をし、「追加する」をクリックする


最初は意味が分かりませんでしたが、流れのままに設定したらできました!




2つ目のブログをGoogle AdSense申請した方法


この雑記ブログ、先日Google AdSenseの審査に通りました。



実はメインで韓国語ブログをやっていて、この雑記ブログはサブブログです。
アドセンスの審査もメインはすでに通っている状態でこのブログも申請しました。

つまり2つ目のブログなわけです。

そんなわけで2つ目以降のブログを申請する方法をここに書き残しておこうと思います。

これまたブログ素人の私は調べまくりました。
こうして知識って増えて行くんですね。

Google AdSenseへのブログ追加で使ったプラグイン

ブログ素人の私は難しい設定などできないので、Insert Headers and Footersというプラグインを使いました!

こういうやつです。

Google AdSenseへのブログ追加の流れ


ブログ追加の流れはこんな感じでした!

  1. GoogleAdSenseを開き「サイト」をクリックする
  2. 右上の「サイトを追加」をクリックする
  3. 申請したいブログのURLを入力する
  4. AdSenseコードをコピーする
  5. 「Insert Headers and Footers」の設定を開く
  6. WordPressに戻りコピーしたAdSenseコードを「Scripts in Header」欄に貼り付ける
  7. AdSenseに戻り「送信」をクリック
  8. AdSenseからのメールを待つ
  9. メールが来て審査が通っていれば終了


プラグインさえあれば私レベルでもそこまで難しくはなかったです!

これをプラグインなしでできる人はすごいなと思います。

Google AdSenseへのブログ追加の具体的な方法


作業工程をキャプションしました!


1.GoogleAdSenseを開き「サイト」をクリックする



2.右上の「サイトを追加」をクリックする



3.申請したいブログのURLを入力する



4.AdSenseコードをコピーする



5.WordPressに戻り「Insert Headers and Footers」の設定を開く



6.AdSenseコードを「Scripts in Header」欄に貼り付ける



7.AdSenseに戻り「送信」をクリック



8.AdSenseからのメールを待つ



9.メールが来て審査が通っていれば終了



1つ目のサイトの申請方法と同じでした!


2つ目のブログをGoogle AdSenseに申請してみたらすぐ審査に通った!

アドセンスの審査に通りました!
うれしい!
ありがとう、Googleさん!


このブログは雑記ブログとしてまったりやっていこうと思っているんですが、一応これもGoogle AdSenseの申請を出してみることにしました。

メインブログを申請する時に色々ネットで調べたら、色んな条件が書かれていました。

でも私、楽しくブログ書いてた以外の特別なことはしてませんが審査通りました!


そもそもブログ素人なので、対策するほどのスキルもありません。
ただただ楽しく記事を書いてたんです。

メインのブログは明らかに韓国語に特化してるから審査に通ったのかもしれません。

そう思っていました。

メインブログとは反対にこのブログは職業訓練のことを書いたり、ブログで自分が困ったことを書いたりしています。

しかも始めたばかりなので記事数もまだまだ少ない。

でもこれも自分の記録として楽しく書いてます!

でもこの雑記ブログもアドセンスの審査に通りました!



しかも午前中に申請して、夕方にメールが来てました!
Googleさんさすが仕事が早い!!



嬉しい!!
Googleさん、ありがとうございます!
これからがんばります!

ブログをTwitterと連携してみた

ブログを投稿したら自動でTwitterも投稿されるようにしたい!

そんなわけでTwitterと連携してみました!

しかしブログ素人の私は小難しいことはできません。
そこで色々と調べてみたらいくつか方法があるみたいでした。

中でもプラグインで簡単に設定できるとのことだったので、その方法でTwitterと連携することに。


私のようなブログ素人の方の為にその方法をご紹介します!



ブログがすごく分かる方の説明では素人としては足りない所があって、結局分からない場合もありますよね?

私も調べて1つのサイトで解決したことは正直ありません。
素人には難しすぎたりします。

でも大丈夫!


私でもできたので、誰でも簡単にできると思います!


Twitter連携に使ったプラグイン

私が使ったプラグインは「Jetpack」というもの。
元々、サイト統計情報のために入れていました。

こういう絵のやつです。


正直、それ以外の機能をよく把握していませんでした。
ブログ素人はそんなもんです。

Twitter連携の流れ


Twitter連携の流れはこんな感じでした!

  1. Jetpackの「設定」を開く
  2. 「共有」タブを開く
  3. 「投稿をソーシャルネットワークに自動共有」をONにする
  4. 「ソーシャルメディアアカウントを接続する」をクリックする
  5. 別ページが開くのでTwitter欄の「連携」をクリックする
  6. Twitterページ画面になるので「連携アプリを認証」をクリックする
  7. 元の画面が開くのでそこでも「連携」をクリックする
  8. 「Twitterアカウントと連携しました」のメッセージが出て完了


私だったらこの文字だけの流れだと設定できないと思います。

ひとまずこれだけの作業があったよ、ということで。

Twitter連携の具体的な方法


実際の作業をスクリーンショットで撮っておきました!


1.Jetpackの「設定」を開く



2.「共有」タブを開く



3.「投稿をソーシャルネットワークに自動共有」をONにする



4.「ソーシャルメディアアカウントを接続する」をクリックする



5.別ページが開くのでTwitter欄の「連携」をクリックする



6.Twitterページ画面になるので「連携アプリを認証」をクリックする



7.元の画面が開くのでそこでも「連携」をクリックする



8.「Twitterアカウントと連携しました」のメッセージが出て完了


ほら、できたでしょう!?


これで投稿したら毎回自動でTwitterにも投稿されるので、作業が楽になりますね!


【職業訓練学校日記5】合格発表

結論から!

合格してました!!


合格通知見たのっていつぶりだろう?
大学入試以来じゃないかな?

なかなか嬉しいものですね!

その他に「入校案内」という具体的な案内文も同封されていました。

私は失業保険受給中なので、入校式の前日にハローワークへ行ってそれの手続きがいるそうです。


これから3ヶ月間学校に通うわけですが、思えば各年代のどこかの時期に学生してたなと思いました。

10代は義務教育と高校、20代前半は大学、30代は韓国語に短期語学留学。
そしてまさかの40代で職業訓練学校に通うことに。

30代で毎日学校に通った時も久しぶりで楽しかったので、今回も楽しく勉強したいと思います!

終わる頃にはHTMLとCSS、IllustratorとPhotoshopの基礎をマスターしてるはずなので、就職活動も頑張ってやっていきたいですね。

訓練学校が終わる頃にはコロナも落ち着いて、今よりは求人が増えてるといいな。

【職業訓練学校日記4】入校テスト

ついに入校テストの日です。
朝9時過ぎに指定の場所に行きます。

ちゃんとスーツで行きました!

受験票などは特に郵送されて来なかったので、受講申請の時に提出した「施設外訓練入校願書」のコピーを持参しておきました。

私は受講申請を提出したのが早くて最終的に入校希望者がどれくらいいるのか分かりませんでしたが、会場を見ると20名の募集に12名参加だったので定員は割れていました。

中心地の6ヶ月のコースは倍率が3倍だそうなので、立地と期間も関係あるかもしれません。

受付後、返信用封筒に自分の住所を書くのですが、持ち物の切手を忘れてしまったことに気づいた私。

受付で売ってくれて事なきを得ましたが、複数枚用意されていたので忘れる方が多いのだと思います。

全員揃ったところで入校テスト開始です。
テストの流れはざっくりと下のとおりです。

1.カリキュラムの説明
2.選考試験の説明
3.筆記試験(20分)
4.面接(5〜10分)

カリキュラムの説明は見学に行った時より簡単に説明されていました。
見学に行っておいて良かった。

筆記試験は2桁の四則計算が5問、算数の文章問題が2問、漢字の書き取りが10問、漢字の読みが10問だったと記憶しています。

中学校の数学ドリルで毎日あんなに方程式やらルートの計算やら因数分解やらを練習していたのに出題されず……

筆記試験はとりあえず全部埋めたけど、期待はできません。

そして面接。
受験番号順に別室に呼ばれる。

聞かれた質問は覚えている限り下のとおり。

1.氏名の確認
2.志望動機
3.通学可能かの確認
4.協調性の確認
5.目指す職業
6.カリキュラム内容で知識のある部分の確認

こんな感じだったと思います。

志望動機については受講申請に書いたことをそのまま伝えるしかありません。

通えるかどうかについては、「家は近くか?」「家庭の事情で通えないということはないか?」「夏は暑いが大丈夫か?」などなんというか社会人にする質問ではないような気がしました。

もちろんすべて問題ないので答えは「はい」ですよね。

協調性の確認は、「幅広い年齢層がいるが大丈夫か?」「受講することになったらみんなとどんな風に接するか?」というような質問で、あからさまに協調性を聞かれました。

自己評価も他者評価も「人見知りをしない」「すぐ馴染める」「昔から知り合いみたいとよく言われがち」というくらいなので、これも問題ありません。

目指す職業は、第1希望はWebデザイナーですが、一般事務経験もあるのでそれにプラスαのような職種などこだわらずに幅広く探したいと伝えたんですが、どう転ぶでしょう?

最後の知識の確認でちょっと引っかかった雰囲気を感じました。

私の申し込んだコースは、Webデザイン基礎&サイト制作なのでHTML、CSSの基礎とjQueryが学べます。
そしてIllustrator、Photoshopも学べます。

そしてカリキュラム案内を見ると、パソコン基礎知識という授業もあります。
拡張子やショートカット、ファイル管理なども学ぶとのことです。

実は私は大学でIllustratorとPhotoshopを学んでいて何となく使い方は分かるのです。
ただそれはもう20年も前なので1から学ぶ気持ちであることを伝えました。

さらには事務系の職歴があるので、パソコン基礎知識という部分は正直分かるんですよね。

そういう職歴から、「知っていることを授業で聞くことになるが大丈夫か?」という質問をされました。

これは受けてみないとどう感じるか分からないので「大丈夫です」と答えるしかなかったです。


このテストの結果は週末に郵送してくださるそうです。
もし落ちたらこの日記は次の合否発表で終了してしまうわけですが……

受かってればいいな。

【職業訓練学校日記3】受講申請

職業訓練学校の見学に行ってきて、なかなか良さそうだと思ったので通うことにした私。

その足でハローワークへ行き、受講申請をすることにしました。

職業訓練の窓口は職業相談の窓口とは別で、それ専用の窓口がありました。

そこで色々な書類を書きました。
さらに入校テストの過去問ももらいました。

1.施設外訓練入校願書

これがメインの受講申請書類のようです。

両面に記入面がありました。

表は住所氏名、証明写真貼り付けなどの個人情報と希望のコースの記入欄がありました。

裏面は簡単な学歴と職歴、資格などを書く欄があります。

そして問題は志望動機!
たった3行ですが、志望動機を書かなければいけません。

いや、あるんですよ、志望動機。
でも書くと薄っぺらい文面になってしまうんですよね。

でも大丈夫!
ハローワークの窓口の方がアドバイスをしてくれました!

とにかく「早期就職を希望している」ということが伝わるように書けばいいとのことでした。

なるほど。

そんなわけで私は「これまでの経験にプラスαの技術を身に付け、早期就職の強みにする」ので希望したと記入しました。

あ、もちろんもうちょっと具体的な内容を盛り込み膨らませています。
ブログなのでニュアンスで書いてます。

面接の時もここに書いた志望動機を膨らませて話せるよう対策するようにとのことでした。

2.職業訓練受講について

同意書みたいなものでした。

「職業訓練の受講について」と「就職活動について」の2つの項目からなっていました。

まぁ、真面目に通うことと就職を早くするようにということです。

チェック項目にチェックを入れて、署名するだけでした。

3.入校願書チェックシート

これは提出漏れなどがないように、窓口の方と相互確認するための書類でした。

人によって少しだけ準備するものがちがうようだったし、渡した渡してないの話にならないようにしてるのかな?と思いました。

これにも署名欄がありました。

4.公共職業訓練を申し込まれた雇用保険受給資格者の方へ

私は失業保険を受給中なので、やらなければならないことがあるみたいです。

受講申請から、選考試験、合格発表、認定日までの活動、入校日前日のハローワーク手続き、訓練受講、就職までの流れの説明書でした。

これには具体的なハローワーク訪問日をその場で記入してくれるので、とても助かりました。

失業保険をもらっている身なので、手続きはしっかりしないといけませんもんね!

5.入校テスト過去問

A4用紙1枚の過去問です。
半分が数学、半分が漢字問題でした。

数学は計算問題と文章問題、漢字は読みと書きです。

家に帰って過去問を解いてみましたが、撃沈しました。

2桁以上の四則計算でさえエクセルでやっていたので、見ただけで面倒なのです。
しかも分数の計算や方程式、ルートの計算など全く覚えていない!

文章問題は学生時代から苦手なので、捨てることにしました。

さらに漢字は読めるけど書けない!
みなさんそうじゃないですか?

スマホやパソコンが予測変換で漢字を出してくれるから読めるし意味は分かるけど、書けないんですよね。

そして過去問の点数は半分以下でした。

これはやばい!ということでネットで見つけた中学生の数学ドリルと漢字ドリルを入校テストまで毎日やりました。


あとは入校テストに挑むだけです!