【職業訓練学校日記5】合格発表

結論から!

合格してました!!


合格通知見たのっていつぶりだろう?
大学入試以来じゃないかな?

なかなか嬉しいものですね!

その他に「入校案内」という具体的な案内文も同封されていました。

私は失業保険受給中なので、入校式の前日にハローワークへ行ってそれの手続きがいるそうです。


これから3ヶ月間学校に通うわけですが、思えば各年代のどこかの時期に学生してたなと思いました。

10代は義務教育と高校、20代前半は大学、30代は韓国語に短期語学留学。
そしてまさかの40代で職業訓練学校に通うことに。

30代で毎日学校に通った時も久しぶりで楽しかったので、今回も楽しく勉強したいと思います!

終わる頃にはHTMLとCSS、IllustratorとPhotoshopの基礎をマスターしてるはずなので、就職活動も頑張ってやっていきたいですね。

訓練学校が終わる頃にはコロナも落ち着いて、今よりは求人が増えてるといいな。

【職業訓練学校日記4】入校テスト

ついに入校テストの日です。
朝9時過ぎに指定の場所に行きます。

ちゃんとスーツで行きました!

受験票などは特に郵送されて来なかったので、受講申請の時に提出した「施設外訓練入校願書」のコピーを持参しておきました。

私は受講申請を提出したのが早くて最終的に入校希望者がどれくらいいるのか分かりませんでしたが、会場を見ると20名の募集に12名参加だったので定員は割れていました。

中心地の6ヶ月のコースは倍率が3倍だそうなので、立地と期間も関係あるかもしれません。

受付後、返信用封筒に自分の住所を書くのですが、持ち物の切手を忘れてしまったことに気づいた私。

受付で売ってくれて事なきを得ましたが、複数枚用意されていたので忘れる方が多いのだと思います。

全員揃ったところで入校テスト開始です。
テストの流れはざっくりと下のとおりです。

1.カリキュラムの説明
2.選考試験の説明
3.筆記試験(20分)
4.面接(5〜10分)

カリキュラムの説明は見学に行った時より簡単に説明されていました。
見学に行っておいて良かった。

筆記試験は2桁の四則計算が5問、算数の文章問題が2問、漢字の書き取りが10問、漢字の読みが10問だったと記憶しています。

中学校の数学ドリルで毎日あんなに方程式やらルートの計算やら因数分解やらを練習していたのに出題されず……

筆記試験はとりあえず全部埋めたけど、期待はできません。

そして面接。
受験番号順に別室に呼ばれる。

聞かれた質問は覚えている限り下のとおり。

1.氏名の確認
2.志望動機
3.通学可能かの確認
4.協調性の確認
5.目指す職業
6.カリキュラム内容で知識のある部分の確認

こんな感じだったと思います。

志望動機については受講申請に書いたことをそのまま伝えるしかありません。

通えるかどうかについては、「家は近くか?」「家庭の事情で通えないということはないか?」「夏は暑いが大丈夫か?」などなんというか社会人にする質問ではないような気がしました。

もちろんすべて問題ないので答えは「はい」ですよね。

協調性の確認は、「幅広い年齢層がいるが大丈夫か?」「受講することになったらみんなとどんな風に接するか?」というような質問で、あからさまに協調性を聞かれました。

自己評価も他者評価も「人見知りをしない」「すぐ馴染める」「昔から知り合いみたいとよく言われがち」というくらいなので、これも問題ありません。

目指す職業は、第1希望はWebデザイナーですが、一般事務経験もあるのでそれにプラスαのような職種などこだわらずに幅広く探したいと伝えたんですが、どう転ぶでしょう?

最後の知識の確認でちょっと引っかかった雰囲気を感じました。

私の申し込んだコースは、Webデザイン基礎&サイト制作なのでHTML、CSSの基礎とjQueryが学べます。
そしてIllustrator、Photoshopも学べます。

そしてカリキュラム案内を見ると、パソコン基礎知識という授業もあります。
拡張子やショートカット、ファイル管理なども学ぶとのことです。

実は私は大学でIllustratorとPhotoshopを学んでいて何となく使い方は分かるのです。
ただそれはもう20年も前なので1から学ぶ気持ちであることを伝えました。

さらには事務系の職歴があるので、パソコン基礎知識という部分は正直分かるんですよね。

そういう職歴から、「知っていることを授業で聞くことになるが大丈夫か?」という質問をされました。

これは受けてみないとどう感じるか分からないので「大丈夫です」と答えるしかなかったです。


このテストの結果は週末に郵送してくださるそうです。
もし落ちたらこの日記は次の合否発表で終了してしまうわけですが……

受かってればいいな。

【職業訓練学校日記3】受講申請

職業訓練学校の見学に行ってきて、なかなか良さそうだと思ったので通うことにした私。

その足でハローワークへ行き、受講申請をすることにしました。

職業訓練の窓口は職業相談の窓口とは別で、それ専用の窓口がありました。

そこで色々な書類を書きました。
さらに入校テストの過去問ももらいました。

1.施設外訓練入校願書

これがメインの受講申請書類のようです。

両面に記入面がありました。

表は住所氏名、証明写真貼り付けなどの個人情報と希望のコースの記入欄がありました。

裏面は簡単な学歴と職歴、資格などを書く欄があります。

そして問題は志望動機!
たった3行ですが、志望動機を書かなければいけません。

いや、あるんですよ、志望動機。
でも書くと薄っぺらい文面になってしまうんですよね。

でも大丈夫!
ハローワークの窓口の方がアドバイスをしてくれました!

とにかく「早期就職を希望している」ということが伝わるように書けばいいとのことでした。

なるほど。

そんなわけで私は「これまでの経験にプラスαの技術を身に付け、早期就職の強みにする」ので希望したと記入しました。

あ、もちろんもうちょっと具体的な内容を盛り込み膨らませています。
ブログなのでニュアンスで書いてます。

面接の時もここに書いた志望動機を膨らませて話せるよう対策するようにとのことでした。

2.職業訓練受講について

同意書みたいなものでした。

「職業訓練の受講について」と「就職活動について」の2つの項目からなっていました。

まぁ、真面目に通うことと就職を早くするようにということです。

チェック項目にチェックを入れて、署名するだけでした。

3.入校願書チェックシート

これは提出漏れなどがないように、窓口の方と相互確認するための書類でした。

人によって少しだけ準備するものがちがうようだったし、渡した渡してないの話にならないようにしてるのかな?と思いました。

これにも署名欄がありました。

4.公共職業訓練を申し込まれた雇用保険受給資格者の方へ

私は失業保険を受給中なので、やらなければならないことがあるみたいです。

受講申請から、選考試験、合格発表、認定日までの活動、入校日前日のハローワーク手続き、訓練受講、就職までの流れの説明書でした。

これには具体的なハローワーク訪問日をその場で記入してくれるので、とても助かりました。

失業保険をもらっている身なので、手続きはしっかりしないといけませんもんね!

5.入校テスト過去問

A4用紙1枚の過去問です。
半分が数学、半分が漢字問題でした。

数学は計算問題と文章問題、漢字は読みと書きです。

家に帰って過去問を解いてみましたが、撃沈しました。

2桁以上の四則計算でさえエクセルでやっていたので、見ただけで面倒なのです。
しかも分数の計算や方程式、ルートの計算など全く覚えていない!

文章問題は学生時代から苦手なので、捨てることにしました。

さらに漢字は読めるけど書けない!
みなさんそうじゃないですか?

スマホやパソコンが予測変換で漢字を出してくれるから読めるし意味は分かるけど、書けないんですよね。

そして過去問の点数は半分以下でした。

これはやばい!ということでネットで見つけた中学生の数学ドリルと漢字ドリルを入校テストまで毎日やりました。


あとは入校テストに挑むだけです!


【職業訓練学校日記2】訓練校見学

実際に授業を受ける訓練学校に見学に行ってきました!

実際の学校で行われるので、通学するイメージが湧きやすい。

通学時間がどれだけ掛かるかとか、駅から学校までの距離とか、コンビニが多いからランチには困らないだろうなとか、通学の具体的なイメージができました。

やっぱり職場にしても学校にしても通いやすいというのはとてもいいですよね。

見学会に参加していたのは8人くらいでした。
見学会への参加は必須ではないそうなので、そんなものなのかな?

見学会ではカリキュラムの説明がメインでした。

私はWebデザイン&サイト制作のコースなので、HTML&CSSやjQuery、IllustratorとPhotoshopなどを学べるそうです。

さらには就職相談の授業もあるみたいです。
さすが職業訓練学校!

その後、卒業生の作品を見せてもらいました。
具体的にこんなことができるようになるんだなと分かったのは良かったです。

質問する時間もあったので、気になることがある方は見学会に行ったほうがいいかもしれないです。

見学に行ってやっぱり良さそうだと思い受講申請することにしました!

【職業訓練学校日記1】コース選び

実はアラフォーで無職になったので、失業保険を申請しに行きました。
すると目に入ってきた職業訓練の案内。

失業する時に周囲の人からそういう制度があるとは聞いていました。

さっそく相談窓口に行ってみると、失業保険受給者だけが受講可能なものもあるとのことでした。

時期によっても色々なコースがあるらしい。

私が相談に行った時に申し込めそうだったのは、Webデザインや建築CAD、介護に関するコースくらいでした。

この中で興味のあるのは迷うことなくWebデザイン。

韓国語ブログ運営の過程でHTMLやCSSを意識するきっかけにはなりました。
あとは前職でホームページにSNSボタンを追加したいと思った時にやきもきした思い出とか。

このコースはHTMLやCSSはもちろん、PhotoshopとIllustratorも教えてもらえるということでした。

期間は3ヶ月。
通っている間は、失業保険受給期間を超えても失業保険がもらえるとのこと!

ただ私は会社都合の退職なので、受給期間は150日。
ちょうど失業保険受給が終わる頃に学校も終わりそうでちょっと残念な気もします。

とある知り合いに「失業保険受給期間の最後の方に学校に入った方が長く受給できるので得ですよ」と言われたが、そうなんでしょうか?

そこまで期間を延ばしても暇だし、自分に合ってるコースがいつもあるとは限らないし、何よりも働いていないという罪悪感が長引きますよね。

そんなわけで私はすぐに受講申請を出そうとしました。

でもハローワークの方に1度見学に行くことをおすすめされました。
受講する学校でカリキュラムの説明があるということで、見てから決めませんか?と。

受講申請は先着順ではなく選考で決まるから見学に行ってから申し込んでも遅くないとのことでした。

なるほど、それもそうかもしれない。

そんなわけで職業訓練学校の見学に行ってみることにしました!

コメントを受け付けない設定にしてみた。

ブログにコメント欄っているのでしょうか?

しかもこんな雑記ブログに必要なんでしょうか?

いや、いらないんじゃない?


そんなわけでコメントを受け付けない設定にしてみました!
素人の私でも簡単に設定できました!


コメント欄非表示の流れ


とりあえず流れとしてはこんな感じでした。


  1. ツールバー「設定」から「ディスカッション」を選択
  2. 「デフォルトの投稿設定」の「新しい投稿へのコメント許可」のチェックを外す
  3. 「変更を保存」


コメント欄非表示の具体的な方法


スクリーンショットを撮っておきました!



1.まずは「設定」から「ディスカッション」を選択します。



2.次に「デフォルトの投稿設定」の「新しい投稿へのコメントを許可」のチェックを外します。



3.あとは下の方にある「変更を保存」をクリックするだけです。

すごく簡単にできました!


記事ごとのコメント受付設定


さっきの方法だと新しい記事にしかデフォルトでコメント欄非表示が反映されないようです。

さらに記事ごとのコメントの受付を設定したい時もあるかと思います。

それはもっと簡単でした!

私でも調べずに分かるくらいに!

記事の投稿一覧で「クイック編集」を選び「コメントを許可」にチェックを入れるか入れないかで設定できました!



WordPressって普通に記事を投稿する分には素人でも使いやすいけど、設定となると調べないとできないんですよね。

でも色々触ってると分かることもあります。

こうして試行錯誤しながら色んなことを覚えていくんですね!

雑記ブログ始めました!


雑記ブログを始めます!



普段は韓国語メインのブログを書いているのですが、韓国語に関係のないことも書きたいなと思って雑記ブログを作ってみました。

雑記ブログって初めてなのでワクワクしています。

何を書いたらいいんだろう?
その時に気になることを書けばいいんでしょうか?

何しろ雑記ブログなので何を書いてもいいんですよね!

WordPressで困ったこととかもメモに残しておこうかな?

実は韓国語の方のブログもWordPressなんですが、色々色々模索してようやく形にしたので、メモに残しておきたいなと思っていました。

しかしいかんせん韓国語に特化したブログにしたので、それを書くのもどうかな?と思って書かなかったんです。

あとは最近はじめたスケッチのこととか、欲しい物のこととか、色々書きたいなと思っています!


韓国語のブログもご興味のある肩はご訪問いただければ嬉しいです!

https://chiharu3.com/